プロフィール

葉野りるは

Author:葉野りるは

カテゴリ
月別アーカイブ

通院日記。

今日は月に一度の通院日でした。
相も変わらず循環器内科と麻酔科のハシゴです。
今日は予約ありの検査はなかったのですが、循環器内科で簡易ODテスト(起立性調節障害のテスト)受けてきました。
最近は、座位でもさくっと脳貧血起こすだけあって、結果は褒められたものじゃなかった……orz
座位の血圧は82/71。
上が80キープできていても、上下の差(脈圧)なさすぎて、そりゃ血の循環悪いよねぇ、脳貧血だって起こすよねぇ、な結果。
そんなわけで、昇圧剤をマックスまで増量されましたとさ。
切実に思うのは、高血圧の人の血圧もらいたい、です……(笑)

ずっと検査で引っかかっていた頻脈は、ようやく薬の分量が定まって80くらいに落ち着いてきたところ。
方や血圧を上げるために心臓を刺激する昇圧剤を飲み、方や頻脈を抑えるためのβ遮断剤を飲み……。
あちこち何かと大変な身体です。
昇圧剤の分量をマックスまで上げたのはいいけれど、それでも血圧を維持しきれないのが毎年のこと。
外出時の貧血だけ避けられたらいいなぁ……。

そして、麻酔科でも循環器内科でも指摘されたのは胃腸……orz
麻酔科では脈診で指摘され、循環器内科では触診で指摘され……(苦笑)
ずーっと胃潰瘍のお薬を飲んでいるわけだけど、それでもだめってどういうことかな(-"-;)
うっかり胃カメラの予約入れられそうになって、精一杯の拒絶を示してきました。
でも、嘔吐したら検査確定なので、その際は自己申告せねばならぬ。
当分は嘔吐しないよう努めようと思います。

それと、外気温が30度を超えると、葉野の身体はそれに乗じて37度ちょっとの発熱をするのですが、それが普通だと思っていたらどうやら違うらしいという話が……。
外気温上がっても体温って普通は上がらないものなのね?
葉野、知りませんでした……。
しかも、痛み止めには解熱剤の役割を果たす成分もかなり入っているわけで、痛み止め飲んでいるのに発熱が続いている時点で色々とおかしいそうだ。
なんてこと……orz
要因は、自律神経がきちんと働いてないか慢性疲労症。
うーん、困ったね(-"-;)
自律神経さん、できればもう少し働いてください……。
慢性疲労症候群と言われても、そこまで過酷な日々を過ごしているわけではないので、あの、できればもう少しがんばってください、私の身体……。
なかなかうまくはいかないものだ。

麻酔科では痛み止めのお薬の減薬が始まっていたのですが、季節柄の痛みが勃発ということで、減薬休止で少々増量。
そして、今飲んでいる漢方との相性が良いということがわかったので、1日2回だったものが1日3回に増えたり。
梅雨が終わって痛みが落ち着いたら、胃腸を回復させる漢方に切り替えてもらえるとのことで、秋が少し楽しみになりました。
夏なんて早く終わってしまえ……(コラ


さて、病院&薬局から帰宅したのが12時半。
少し休憩して、1時から6時まで延々とハープの練習していました。
(途中、うっかり貧血起こしたり植木鉢が割れたり……←何)
明日、ハープのレッスンなのですよ。
通常は1日2時間から3時間程度の練習なのですが、レッスン前になると5時間6時間練習する習性が抜けません。
練習って、どのくらいするのが普通なのかな?
きっと人によりけりだと思うけれど、弾いても弾いても足りない気がするの。
ここはこう弾きたい、あそこはこう弾きたい。
もっともっと上手になりたい、理想の音を鳴らしたい。
そう思いながら弾いていると、あっという間に時間が過ぎてしまって困ります。
なので、一応一時間半おきにタイマーをかけて、途中途中でストレッチ挟みながらの練習。
欲望って、底を尽きないですよね……。
で、明日レッスンだというのに、左手人差し指にマメができました (´・ω・`)
もうずいぶんと指の皮厚くなってると思うのだけど、いつになったらマメができなくなるんだろう?
マメができなくなるくらい練習したら、少しは自分が求める音を奏でられるようになっているのかな?

前回のレッスンは80分中3回の貧血だったのだけど、明日はどうかな?
もうレッスン中に貧血起こすのは仕方ないとして、行き帰りの電車で貧血起こすのは嫌だから、明日はがんばって車で行こうかな、と目論んでいます。
どうか、レッスン先近くのコインパーキングがひとつでいいから空いてますように!

皆様、暑い夏がやってきましたので、くれぐれもお身体ご自愛ください!


FC2カウンター
最新記事
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

web拍手ランキング