プロフィール

葉野りるは

Author:葉野りるは

カテゴリ
月別アーカイブ

アレルギー除去食のその後。

タイトルどおり、「アレルギー除去食のその後」です。


やー……真面目にやろうと思えば思うほどに難しくてですね……(-"-;)
小麦粉やグルテン、パン用イースト、卵、砂糖、乳製品、味噌あたりは意外と簡単に除去できるのですが、醸造用イーストだけはね……。
お醤油が使えないと料理の味付けが壊滅的すぎるので、醸造用イーストに関してはかなりゆるめ規制です。
そのほか、大っ好きなチョコレートだけはやっぱりやめられなくてですね、ちまちま食べているしだいです(駄
あとは、だんな様と外食する日や実家へ行く日。
そんな日は、除去食もお休み。
普段、除去食がんばってる代わりに、そこはご褒美というかなというか……(笑)
「何が食べられないこれが食べられない」だと外食なんてできないし、実家とはいえあれこれ気を使わせてしまうので……。
完全に除去できていないとはいえ、口にする頻度や分量は如実に減っているので、多少の効果はあると思いたい。
ただし、乳製品と玉ねぎだけは完全に除去。
この子達は食べると必ずお腹壊すので……。
(ただし、チョコレート内の乳脂肪分は目を瞑る←少量ならお腹壊さない)


除去食を始めての変化はさほどないのだけど、身体がより過敏になった気がします。
今までは、特定のものを口にしたときにしか唇や口腔内が腫れることはなかったのですが、今はアルコールが入っていないお醤油でも、中濃ソースでも腫れちゃう。
症状が出るものは口にしないほうがいいんだろうなぁ、とは思うのですが、やっぱり味付けに関する部分は難しいな、と。
で、結局唇や口腔内を腫らして食べてる始末。
でも、腫れるので口にする分量はずいぶんと減りました。
慢性疲労に対する効果が表れるといいなぁ、と思っていたのですが、そのあたりの変化はとくになし。
この辺は、完全に除去できての効果なのだろうから、今の状態では変化なくてあたりまえか……。


この生活をいつまで続けたらいいのかなぁ、と思いつつ、とりあえずは半年。
8月までがんばる予定です。


そういえば、父様も胃腸が弱くて年がら年中お腹壊している人だったのだけど、私が乳製品でお腹壊しているということを知って乳製品を除去したら、お腹壊さなくなったそうな……(笑)
わからないものですよねぇ……。
腸内環境を整えるためにヨーグルト食べてお腹壊してるんですから(笑)


FC2カウンター
最新記事
Twitter
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

web拍手ランキング