fc2ブログ
プロフィール

葉野りるは

Author:葉野りるは

カテゴリ
月別アーカイブ

風邪日記

ここ数日で一段と冷え込むようになりましたね。
皆さん、お風邪などひいてらっしゃらないでしょうか?
葉野は10月末からがっつりひいておりましたよ……|ω・)
27日が通院日だったのですが、その日に病院でもらってきたのか、帰りに寄ったショッピングモールでもらってきたのか、翌日から喉が痛み始めまして、「あぁ、喉風邪だなぁ……とパブロンを飲み始めたんです。
でも、喉の痛みはひどくなるし、挙句咳まで追加されるしでいやな予感はしてました。
そしたら、パブロン全然効きませんで、熱は出るわ、咳で夜眠れないわ、本当つらかった……orz
しかも、主治医様は学会で国外……。
踏んだり蹴ったりです(苦笑)
パブロンじゃだめだな、と思ったので漢方の麦門冬湯に切り替えたのですが、一向によくならず、仕方なくほかの病院へ行くことに……。
呼吸器科専門の町医者へ行ったのですが、大学病院で出されている薬のリストを見た瞬間にものすご~くいやな顔をされました(^^;;
「なんで普段大学病院にかかってるのにうちに来たの?」というのがありありとうかがえる診察時間でした。
結果、薬だすのを渋られて、自己判断で飲んでいた麦門冬湯を出されるのみ。
病院来た意味ないじゃん!!!
効かないから来たんだし、一週間以上風邪ひっぱってるんだから抗生物質くらい出してよ!!!
心の中で叫びながら帰ってまいりましたよ……。
そんなわけで、やっぱり大学病院へ行く羽目に……。
この時点で風邪ひいて二週間だったのですが、一向に熱は下がらないし咳は止まらないしで精神的に結構きてました(^^;;
大学病院のシステムが新しくなってから予約外で行ったことがなかったのですが、受付へ行ったらうっかり総合内科へ案内されそうになって焦りました(・_・;

葉野「え? 総合内科? あの、専門内科のM先生に診ていただきたいのですが」
受付「それは専門内科で診て、医師が専門内科の医師に診てもらう必要があると判断すれば診てもらえます」
葉野「M先生から風邪でも自分のところに来るように言われているのですが」
受付「……(疑いの眼差し)」
葉野「確認していただいて結構です」
受付「……わかりました。では専門内科へ回します」


こういう対応から考えても、やっぱり風邪程度で大学病院行っちゃいけないんだろうなぁ、と。
葉野自身、風邪程度で大学病院へ行くのはちょっと違うと思ってたわけで……。
だから町医者へ行ったというのもあるわけで……。
しかしながら、大学病院からあれこれ薬出されてると、町医者は抗生物質すら出してくれないんですよ(〒_〒)ウウウ
なんか、あっち行ってもこっち行っても対応が渋くて悲しかったです;;

そんな対応のあとに主治医に会えば、泣きたくなるほど優しい対応で……(TT▽TT)ダァー

「風邪ひいちゃったんだって? 炎症値も高いし、熱もずっと続いているみたいだしつらかったでしょう」

この一言だけで救われる何か……orz
思わず体調以外のあれこれ愚痴っちゃいました。
町医者の件を話したら、

「あー……うん。葉野さんの投薬はかなりアンタッチャブルだからね。初見の先生は理解できないだろうし、抗生物質出すの渋るかも。だからね、うちにおいでって言うんだよ。風邪程度なら町医者で診てもらって問題ない患者さんもいるけれど、葉野さんみたいな対応されちゃう人もいるし、葉野さんの場合、本当にひどいと点滴打たないとどうにもならないこともあるでしょう? だからね、うちにおいでって言うんだ。次からはうちにおいでね」

諭されて納得……(でも、先生学会で国外だったんですよおおお;;)
次からは風邪程度でも大学病院へ行かせていただきます……(〒_〒)ウウウ
で、結果的に抗生物質を9日分出されて、6時間おきに抗生物質を飲んだら5日で良くなりました。
そんなわけで、三週間ほど熱出したまんま風邪っぴきでございました。
今年の風邪は甘く見ちゃいけない、と回りに触れて回っております(コラ

そんなこんなの体調事情であれこれ予定が狂いました。
10月末に終わらせようと思っていた仕事は11月15日の入稿になってしまったし、10月半ばには更新しようと思っていたお話も20日になってしまったし。
それでも、なんとか11月中に更新できて良かったな、とホッとしています(´▽`) ホッ
たったの2話なのですが、お楽しみいただけたら幸いです。
(次は25日に更新する予定です^^)


関連記事
FC2カウンター
最新記事
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

web拍手ランキング